「日記」カテゴリーアーカイブ

働き方改革 2017/02/26

PCで事務作業しながら何となくつけていたテレビで
電通での過労問題やプレミアムフライデーが話題になっているからか「働き方特集」がやっていた。

カルビーと未来工業の2社では
ノー残業、休日もしっかり取り、連続増収増益との事。
それだけだったら、所謂大手メーカーと製造業だから安定の土日休みだよねって思ったかも知れないんだけど、
それだけじゃないなと感じた事として、両社とも原則として「ホウレンソウを禁止」しているのだそう。

理由は、
ホウレンソウそのものに時間を取られる
ホウレンソウそのものは何も生み出さない
ホウレンソウに向けて無駄な報告書類を作り
ホウレンソウに頼り指示待ち人間が出来てしまう
から、との事
カルビー会長は更に「会議はできるだけやるな」とも言ってた。
(ながら見の情報なので間違ってたらごめんなさい)

正直言って、結構なインパクトでした。
自分自身、松塚ー店舗中核スタッフさんー時間帯主要スタッフさんー短時間スタッフさん
の情報のやりとりや流れは大切にしていますし、
上司から松塚への課題として、所謂ホウレンソウちゃんとしよう
と頂いた事もありましたし。
ホウレンソウが業務効率を落としている、と言うのは自分にとっての常識の外にある内容でした。

今すぐにホウレンソウを完全に無くしたら業務に支障が出るのは想像に難くないので、どうすればホウレンソウが不要な状態にできるだろうか?と考えて仕事に取り組んで行こうと思いました。

ちなみに、ノー残業でちゃんと休んで増収増益の為にやっている事として「ホウレンソウの禁止」以外で紹介されていたのは、
・徹底した無駄なコスト削減
・無駄なモノを減らしそれを探す時間を削減
・デスクで座って作業する時間を決めてその時間で終わらせる
(これも時間の削減)
・あらゆる所に「考えろ」の標語を貼りだす
・改善アイデアを投稿し賞金が出るシステム
・会議やってる暇あったらお客様に近い現場に行け
たぶんもっと挙げてたけど、ながら見だったので拾えたのはこのぐらい。

紹介されていなかった(と思う)けど「恐らくこれも理由だな」と思った事として、
・ちゃんと休める事で体を健康な状態を保てる(精神的にも追い込まれない)ので良いコンディションで働ける
・プライベートが充実するので、会社以外での経験や家族との時間が出来、心の充実が図れ仕事に良い影響がある
・自分が働いている企業が優良企業であると言う誇りから、会社に対して貢献したい、期待に成果で応えたいと言う意欲が生まれ自立的な社員が増える

最後にテレビの特集で印象に残ったカルビー会長のひと言
「私は悪しき習慣を壊しただけ、それは上の者にしかできない」
自分も「あたりまえ」に疑問を持てて、会社の文化やシステムに影響を与えられる人材になりたいと感じさせるひと言でした。

日記:ぼちぼち本を読んでいて感じる事2016年10月時点

日記:ぼちぼち本を読んでいて感じる事2016年10月時点

どの本を読んでも感じてしまうのは、1冊として成立させる為に内容を膨らましているのではないか?と言う疑いのようなもの。
1、出来ないとこんなデメリットがあるよ。
2、やるとこんなメリットがあるよ
3、具体的なやり方
大体この構成をベースに、誰かがこう言ったとか、この本にこう書いてあったとか、あそこではこうしているとか、読み手を納得させる為の「根拠」が「大量に」散りばめられている感じ。
下手すると1冊の中に同じ記述を何回も見かける事もあります。

しかも、上記の構成ならまだ良心的な方で、本によっては、
1、出来ないデメリット
2、出来るメリット
3、出来ないデメリット
4、具体的なやりかた
5、出来るメリット
6、出来るメリット
こんな内容で、目次追ってても、「あれ?あれ?」ってなってしまう事があります。

この違和感と言うか不満は、もしかしたら以前よりも「要点」を掴む力がついてきたからか!?と前向きに考えられなくもないですが、薄い内容で1冊書きあげて「はい1500円」な商売をされているようであまり良い気はしません。
そう言う意味ではスティーブンコヴィーの「7つの習慣」とか、デールカーネギーの「人を動かす」とか、ピータードラッカーの「マネジメント」等の名著と呼ばれるものは「読み手を納得させる根拠」こそ大量にあって途中心折れそうになるものの、内容も濃いので買って良かったと感じたし、今でも手元に置いてあります。

本を読む事が目的になる事は無いですが、自分を成長させる為に本を読むなら、是非こういう本に出会いたいものです。